無視できない水虫

水虫になりそうな足

水虫は程度によっては本人も気づかないで放置してしまう場合があります。ですが、酷くなってくると大変危険で痛みも伴う場合がありますので無視せずに適切な対処を心がけましょう。

なぜ水虫になるのか?

発症すると非常に困ったことになる水虫ですが、この水虫を発症する大本の原因は白癬菌という真菌です。
この白癬菌は人の皮膚にあるケラチンというタンパク質を食べて増殖するため、これによって皮膚が荒らされて痒みなどの症状が出てくるわけです。
しかし白癬菌が少し皮膚に付着しただけでいきなり水虫の症状がでてくるのかというとそうではありません。
人の皮膚はもともと抵抗力を有していますから、多少真菌が付着した程度で水虫の症状が出ることは無いのです。
ではどうして白癬菌が水虫に繋がるのか、その原因は「白癬菌が繁殖しやすい条件が整っていた」ということが最大の要素です。
白癬菌が多少付着した程度では問題にならないとは言え、それが皮膚に定着し、繁殖してしまった場合には人の抵抗力では対処しきれないほどの大量の白癬菌が住み着くことになります。
具体的に繁殖しやすい環境としては高温多湿の環境が挙げられるのですが、営業マンの皮靴や女性が冬場に履くブーツでは、この高温多湿の環境が極めて作られやすいのです。
また冷え症だからという理由で風呂上りに靴下を履く人も高温多湿の環境になりやすく、こうした人ほど水虫の被害には悩まされやすくなると言えるでしょう。
実際、草履や下駄が主流で足の通気性が極めて良かった江戸時代のころには名前こそありましたが患者はそこまで多くありませんでした。
さて、ではこのことから何が導き出せるのかについてですが、これは当然「水虫を予防するのであれば通規制の良い環境を作ることが大切である」ということです。
例えば革靴を履くことは避けられないにしても定期的に革靴を脱いで風を通してやる、冬場のブーツも毎日同じものを履くのではなく何足かをローテーションするといったようにすると水虫はかなり予防しやすくなるでしょう。
一度発症すると完治まで時間がかかる症状であるだけに、こうしたことで日々予防をしていくようにしてください。

水虫の初期症状とは?

水虫はカビの1種、白癬菌に感染して起こる、皮膚感染症の1つです。
カビという事もあり消毒すれば治るのでは?と、思う方も多いでしょう。
スリッパやバスマットなどに付着している、白癬菌は消毒で退治する事ができます。
しかし、1度皮膚の角質層にまで入り込んでしまった白癬菌は、消毒などのケアで死滅させる事はできません。
水虫を発症したら抗真菌薬での治療でなければ、治せないのです。
ですので、「水虫かな?」という症状を感じたら早めに皮膚科を受診しましょう。
早めに治療を始めるには、白癬菌に感染してしまった場合、どのような症状が起こるのかを知っておく必要があります。
水虫の初期症状としては、痒みや違和感を感じるケースがほとんどです。
白癬菌は皮膚に付着すると、酵素を出し皮膚を溶かしながら感染します。
この時、体の中に異物が入り込んだと防御機能が反応し、痒みを感じるようになるのです。
まだ感染して初期の場合は、あまり痒みを感じないかもしれません。
ですが、ムズムズしたり何となく違和感を感じる事が多いので、皮膚に違和感を感じたら強い痒みが無くても、皮膚科を受診する事がおすすめです。
この他に初期症状としては、皮膚が剥けやすくなる点も特徴です。
ジュクジュクとしていたり、皮膚が白くなっている場合は白癬菌に感染している可能性が高いと言えます。
症状が出ている部分を確認する際は、念のために使い捨ての手袋を使用しましょう。
水虫は足の裏や指の間のみに起こるというイメージがありますが、皮膚であればどこでも白癬菌は感染します。
手も水虫となってしまうので、症状を感じる部分を触ったら、しっかり手を洗う事が大切です。
この他にも初期症状としては、水疱が出来る場合もあるようです。

水虫を放っておくとどうなるのか?

足の裏や指の間に痒みを感じたら、多くの方が「水虫かな?」と心配になるのではないでしょうか。
それだけ、水虫は日本ではポピュラーな皮膚病です。
実際、発症した事がある方の数は、10人に1人、5人に1人とも言われています。
水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で起こる皮膚感染症の1つです。
日本人は裸足になる事が多く、白癬菌が感染しやすい生活スタイルという事もあり、発症しやすいと言われています。
白癬菌に感染してしまうと、皮膚に強い痒みが現れたり、皮膚がジュクジュクとただれたように剥ける、赤みを帯びた小さな水泡が出来るケースもあります。
このような症状が現れたら水虫を疑い、早めに皮膚科を受診しましょう。
ただ、忙しくて受診する暇が無い、何となく恥ずかしくて受診に抵抗があるなどし、そのまま放置してしまう方も少なくないようです。
もし、放置してしまったらどうなってしまうのか、気になる方も多いと思います。
白癬菌は1度、皮膚の角質層に入り込むと、自然にいなくなるという事はありません。
そのまま、どんどん増殖を繰り返します。
放置してしまうと痒みが酷くなり、搔き毟ってしまう方も少なくありません。
搔き毟った事で傷ができ、そこから雑菌が入り込むと2次感染を引き起こしてしまいます。
こうなってしまうと、膿が溜まるなどして痛みから、歩く事さえままならなくなるのです。
また、特に糖尿病の持病がある方は、水虫には注意しましょう。
糖尿病の方は免疫力が低下しており、2次感染を引き起こしやすくなります。
最悪の場合、患部が壊死して切断というケースも考えられます。
たかが水虫と放置してしまうと、このような症状が出るまでに悪化してしまう場合もあるので、水虫は早めに治療する事が大切です。